7月・8月の予定

 子どもの頃の体験は、いちど「忘れる」ことが必要です。

体験を繰り返し、心や頭を育てていく子どもたちは、忘れることを通して、その記憶を、体の中にまでしみこませていくのです。

ひとつの体験が身につくのは、2か月後。ですから、にじの森の保育カリキュラムは、ひとつの体験を繰り返し繰り返し、いろいろなバリエーションで行います。

9月のお誕生会では、ひとりひとりの子どもが、実に見事に、知らない歌を「真似して」「見て聞いて」自分なりのすてきな踊りを楽しんでいました。シュタイナー教育の基本である、「模倣する」力が、年少さんまでしっかり育まれている姿でしたよ。

二学期も、職員一同全力で教育にあたります。どうぞよろしくお願いいたします。

9月の予定  *願書配布中

3日(土) 園庭開放(10時〜12時 雨天中止)  園説明会(10時過ぎ〜 お遊戯室にて 雨天決行)

5日(月) 給食開始  本借り  東邦大学実習生実習開始

7日(水) 子育て体験(次年度ご入園予定のご家庭のための体験保育です 10時〜にじみ絵体験)  体育教室

8日(木) 身体測定  子育て相談(お電話でも承ります)  本借り  日舞教室

9日(金) さくら・もも組秋の遠足  

12()  本借り  9月集金引落日

13()  うめ・たんぽぽ秋の遠足(県民の森)

14()  子育て広場10時〜12時 リトミックを楽しもう)  体育教室

15()  本借り  日舞教室

21()  自由参観  子育て講座  体育教室

22()  本借り  日舞教室

26()  本借り  

28()  シュタイナー勉強会  体育教室

29()  本借り  日舞教室

30()  避難訓練  10月集金明細渡し  お便り帳預り

 

 

 

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

当園の保育統括である堀内節子は、1970年代からいち早く、世界中の幼稚園を、現地に赴いて体験し、シュタイナー教育を知りました。その後、日本へシュタイナー教育を紹介した子安美知子氏と深い親交を持ち、頻繁にシュタイナーの話を熱く交わしました。女史の亡きあと、シュタイナー教育の理念を実践するべく活動し、『0歳から7歳までのシュタイナー教育』など複数の本を執筆しています。主宰する「シュタイナー勉強会」は、子育てのヒントを見つけるだけでなく、人として生まれた意味、親としての態度、これからの生き方など、活動を通して深く考える時間を、同じ考えを持つ仲間たちと共有できる会です。ご興味のある方は、園へお尋ねください。

仲間と話し合いながら、あるいは本から学びながら・・・子育て真っ最中の今だからこそ、ご自身の興味にあわせて、シュタイナー教育に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

<TOPページへ戻る>