今 週 の 予 定

 

幼稚園をよりよくするために、園外研修にも職員たちは出かけています。

そこで多くの先生たちは、

にじの森の広大な園庭が、いつもこざっぱりとして園がこぎれいであること、

先生たちが活発に議論し、一丸となって何かをおこなうことに慣れていること、

保護者の方々の厚いご支援がたくさんあること、

そして何より園全体が、あたたかなベールのように、子どもたちを包み込んでいること

などの良さに改めて気づかされます。

先生たちの努力と、ご家庭のご理解がこの園の温かさや一体感を創り上げていることに気づかされるのです。

運動会の練習が、そろそろ始まります。子どもたちが自分たちで楽しめるような、そんな運動会になるといいな。

 

9月17日(火) 大人のためのシュタイナー教育講座

   18日(水) 子育て体験(来年度ご入園予定のお子さま対象です)  体育教室

  

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

東京のあるシュタイナー幼稚園の先生から「堀内先生のこの本を読んで、はじめて、シュタイナー教育がストンと自分のなかに入ってきた」という感想をもらったことがあります。本園副園長である堀内節子著『0歳から7歳までのシュタイナー教育』(学研)は、シュタイナー幼稚園とシュタイナー教育をわかりやすくご紹介した本で、2000年に出版されて以来長年読まれている本です。

そしてあらたに、2013年末にシュタイナー教育の観点から、子育てのヒントを盛り込んだ『「その子らしさ」を豊かに伸ばす おうちでシュタイナー子育て』PHP研究所)が出版されました。子どもとの関わり方、自立した大人になるために幼児期に育てるべきもの、ご家庭でのお子さんとの過ごし方など、子育てのヒントになるお話が具体例を挙げて書かれています。

シュタイナー教育って何がいいの?どういうものなの?という疑問にわかりやすく書かれているのがこの両書だと思います。

また、近々「にじの森の子育て」をまとめた書籍が発刊予定です。お楽しみに!

 

<TOPページへ戻る>