10月の予定

 

10歳の壁 をご存知ですか?

就学問題は、以前からしばしば取りざたされていますが、10歳(小学校3〜4年生)前後で成績が伸び悩む、落ち着きがなくなるなどの傾向が出ることがある、いわゆる「10歳の壁」をシュタイナー教育では重視しています。

なぜなら就学時は、外からくる新たな世界(環境の変化)との適応が問題であるのに対し、10歳になると、自分を自分で制する力、外の世界とのバランスを取る力など、自分の中の「生き生きとした」力の育ちが、その壁を乗り越えるために必要となるからです。

先日、卒園児たちが多く出演する、英語のスピーチ発表会を訪れました。

幼い子たちは幼いなりに、練習とは違う舞台の雰囲気にとまどいながら、一生懸命覚えたことを言おうと頑張っていました。小学校低学年のお子さんたちもたどたどしいながら、日本語には無いきれいな英語らしい発音が自然とできていることに、驚かされました。

そして小学4年生の男の子たちの出番。発話の綺麗さはもちろんですが、そのおだやかな雰囲気、自信に満ちたほがらかな態度に、本当に感心しました。10歳の壁を乗り越えるには、さまざまな助けが必要ですが、一番大切なのは、それまでに「自分の力で」何かをやりとげる、何かを造り上げる体験をしっかり重ねること、自分で試行錯誤しながら、物事に取り組む経験をつむことです。

学校に行けば、彼らもきっと「いたずらっこ」なのでしょうが、ここぞという時に頑張る「地力」、自分の責任を自分で取ろうとする「内面の強さ」がしっかりと身についていることに、気がつくことのできる時間でした。

そして、にじの森幼稚園が大切にしている自由な創作遊び、大胆な園外保育、プロセスを重視した保育カリキュラムが、10歳になった時、どのような形で花開くのか・・・、それを見ることのできた、すてきな発表会でもありました。この園で毎日ていねいに行われていた活動が、子どもたちの育ちを本当の意味で支えている、という確信を持つことのできた日でもありました。

全てのお部屋がゆったりとした覆いのなかで、さまざまな良質の保育をつみ重ねていくことができているか・・・これからも日々私たち教職員は、自らを振り返ってまいります。

 

11月の予定  *入園のご相談は、随時うけつけています

1日(火) 11月生れお誕生会(年長さんが影絵でお祝いしてくれますよ)

2日(水)  子育て広場(10時〜12時 雨天中止 *園説明会は、10時半頃から、雨天決行です)  体育教室

3日(木)   【祝日 文化の日】幼稚園はお休みです

5日(土)    園庭開放日(10時〜12時 雨天中止)

♪森のまつり(にじの森の感謝祭)が始まります♪

7日(月)   うめ組五平餅づくり  本借り

8日(火)   たんぽぽ・子育て体験五平餅作り

9日(水)   さくら・もも・すみれ組五平餅作り  体育教室

10日(木)  いもう湿原へ  集金引落日  日舞教室

12日(土)  作品展とバザー(9時〜12時20分)

13日(日)  作品展とバザー(10時〜12時 土曜日に来られなかった方のために・・・)

14日(月)  本借り

16日(水)  子育て講座 自由参観  体育教室

17日(木)  身体測定本借り  日舞教室

21日(月)  待降節(アドベントのまつり) お弁当の日

23日(水)  【祝日 勤労感謝の日】

24日(木)  本借り  勉強会  日舞教室

28日(月)  オイリュトミー鑑賞会  本借り

30日(水)  集金明細渡し日  体育教室

 

 

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

当園の保育統括である堀内節子は、1970年代からいち早く、世界中の幼稚園を、現地に赴いて体験し、シュタイナー教育を知りました。その後、日本へシュタイナー教育を紹介した子安美知子氏と深い親交を持ち、頻繁にシュタイナーの話を熱く交わしました。女史の亡きあと、シュタイナー教育の理念を実践するべく活動し、『0歳から7歳までのシュタイナー教育』など複数の本を執筆しています。主宰する「シュタイナー勉強会」は、子育てのヒントを見つけるだけでなく、人として生まれた意味、親としての態度、これからの生き方など、活動を通して深く考える時間を、同じ考えを持つ仲間たちと共有できる会です。ご興味のある方は、園へお尋ねください。

仲間と話し合いながら、あるいは本から学びながら・・・子育て真っ最中の今だからこそ、ご自身の興味にあわせて、シュタイナー教育に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

<TOPページへ戻る>