6月の予定

 にじの森幼稚園は、「シュタイナー教育」を取り入れた幼稚園です。日本シュタイナー幼児教育協会の正会員として、日々その理念を、子どもたちと共に実践しています。この教育方法は、アメリカの頭脳と言われるシリコンバレーや、世界を今やけん引する中国などでも近年多くの園が作られ、世界中で非常に高い評価を受けています。

日本で半世紀近くシュタイナー教育を実践している園は、わずかしかありません。また、その背景にある考え方を学ぶことなく、ただかわいいから、という理由で、形や見た目だけを実践する園も少なくないと聞いています。にじの森幼稚園は、常にその子どもの「内面的な育ち」と「体や心、頭を含めた全体としての育ち」を見据え、子どもが「自分の力で自分を育てる経験」を保育として提供しています。特にシュタイナー教育が大切にするのは、子どもが本来持っている「自分を育てる力」を他の刺激に奪われることのないように、温かで穏やかな世界を常に整えることです。

子どもが育つためには、必要な刺激と、不要な刺激があるように思います。必要な刺激は、自分の持つ感覚を使う体験です。指先で感じる土の冷たさ、足の裏の砂の気持ち良さ、先生の真似を日々重ねるその目の力、毎日のメルヘンが培う心のあり様、全てが子どもを育てます。

6月に入り、毎日子どもたちはプールで、自分の皮膚感覚だけでなく、熱や重さや肺や手先足先の感覚を育てていきます。楽しいのはもちろんですが、それをどう支えるかを考えるのがシュタイナー教育です。さあ、楽しくも真剣な保育実践が、プールで行われます。

 

1()  プール開き

    2()  子育て広場 園説明会(両会とも予約は終了しています)   体育教室

    3()  身体測定  本借り日  日舞教室

    4()  6月生まれお誕生会

    5()  園庭開放日

  6()  就職説明会

7()  歯の話  本借り日

    8()  前芝海岸へ(うめ組はお弁当をお願いします)

    9 ()  もも、さくら、たんぽぽ組園外保育(お弁当をお願いします。うめ組さんは給食です   体育教室

  10()  歯科検診  本借り日  日舞教室   6月分集金引落日*口座残高をご確認願います

  11()  うめ組聴力検査

  14()  本借り日

  16()  自由参観日(詳しくは通信でお知らせします)  子育て講座(予定)  体育教室

  17()  本借り日  日舞教室

  20()  父の日*金曜日に子どもたちがお父さんへのプレゼントを持ち帰ります

    21()  本借り日

  23()  カシオペア・モモの会  体育教室

  24()  子育て相談日(事前予約をお願いします)  本借り日  日舞教室

  25()  避難訓練A*緊急連絡訓練も行います

  28()  本借り日

  29()  資源回収日*門とバスの先生たちがおうちの古紙や空き缶などを集めます。ご協力お願いします。

  30()  7月分集金明細をお渡しします

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

『モモ』、『はてしない物語』などで文学賞を受賞した、ドイツのファンタジー作家ミヒャエル・エンデは、日本にシュタイナー教育を紹介した故子安美知子氏(早稲田大学名誉教授)を通して日本と親しみ、長野県黒姫童話館に、自分の私物や文学的資料を寄贈しました。それはエンデコーナーとして公開され、またエンデ資料として保管され、世界中のエンデファン、文学研究者たちが知り、訪れるところとなりました。本園の園長補佐を務めます堀内美江も、大学時代に故子安氏に師事し、ドイツ留学中は、エンデと交流を重ねました。

今年のようなコロナ禍で、エンデ作品が再び脚光を浴びています。世界中で彼の人生と世界観のドキュメンタリーが企画され、日本でも『MOE』などで特集号が組まれたりしています。ミヒャエル・エンデはシュタイナー学校で学んだこともあり、シュタイナーの考えと深くつながる作家です。気軽に触れられる本の世界から、シュタイナー教育に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

<TOPページへ戻る>