今 週 の 予 定

 

長野の最北端、新潟の県境に近いところに「信濃町」という小さな町があります。自然活動家のC・W・ニコルがかつて住んでいたり、一茶の故郷だったり、何気に有名なところです。

信濃町にあるのが黒姫山、黒姫山の山麓に「黒姫童話館」があります。この童話館には、世界的に有名なファンタジー作家であり、『モモ』や『はてしない物語』などの作品で知られたミヒャエル・エンデが自ら選んだ文学資料が、ドイツから送られ、保管されています。

その入口に植えられた山桜の木には、このエンデ資料室のために生涯尽力し続けた故子安美知子早稲田大学名誉教授が眠っています。

子安氏は、シュタイナー教育実践を日本に紹介した第一人者です。にじの森の創設者である堀内節子の親友でもあり、たびたび豊橋を訪れ、子育ての講演なども行なっていただきました。ミヒャエル・エンデの文学を紹介するインタビューで知り合ったエンデと子安氏は、二人ともシュタイナーの考え方にともに深く共感していたこともあり、生涯の友という関係を築いていきました。

実は今年、世界中からこの黒姫童話館に、エンデ資料について問い合わせが国内外から多く来ています。資料を守る童話館の方々は、今世界で「エンデのメッセージ」が求められている、と強く肌で感じられているそうです。人は常に変わり続ける、それが人の本質だ、とあるインタビューでエンデが語ったことがありました。ではどう変容すべきなのか、自分はどう変容したいのか、その答えのひとつを、世界中の人がエンデの文学に見出そうとしているのかもしれません。

 

 

2学期からも、にじの森幼稚園では、コロナウイルス感染拡大防止の措置を継続いたします。

お子様はマスクをして登園してください。マスクなしのお子さんはお預りできない場合があります。登園前の検温もご協力ください。

お咳や鼻水が出るなど、体調が良好でないお子様は、おうちで体調が良くなってから来て下さい。ご家庭で、どなたかが体調不良である場合も、登園を控えていただくようお願いいたします。

 

今月の予定  

9月21日(月)  祝日 敬老の日*森っ子たちが、大好きなおじいさまおばあさまに、心のこもった贈り物をつくりましたよ!

  22日(火)  祝日 秋分の日

  23日(水)  体育教室  自由参観⇒運動会後に延期になりました

  24日(木)  さくら組内科検診 本借りの日 日本舞踊森の家教室

  25日(金)  避難訓練  

  28日(月)  本借りの日  

  30日(水)  10月の集金明細渡し  体育教室  お便り帳を預かります

 

 

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

『モモ』、『はてしない物語』などで文学賞を受賞した、ドイツのファンタジー作家ミヒャエル・エンデは、日本にシュタイナー教育を紹介した故子安美知子氏(早稲田大学名誉教授)を通して日本と親しみ、長野県黒姫童話館に、自分の私物や文学的資料を寄贈しました。それはエンデコーナーとして公開され、またエンデ資料として保管され、世界中のエンデファン、文学研究者たちが知り、訪れるところとなりました。

『モモ』のなかの朝食の場面に焦点を当てた「黄金の朝ごはん」の場面が、一昨年Eテレの「グレーテルのかまど」で放映され、話題となりました。ご覧になった方々も園児のご家族の中にはいらしたようです。当園で事務をしている堀内美江が故子安美知子氏に師事していた縁もあり、この番組に協力させていただきました。ミヒャエル・エンデはシュタイナー学校で学んだこともあり、シュタイナーの考えと深くつながる作家です。気軽に触れられる本の世界から、シュタイナー教育に触れてみるのもいいかもしれませんね。

 

<TOPページへ戻る>