今 週 の 予 定

 にじの森の教育は、子どもたちが無理なく自分で自分を育てていくには、どのような保育をどの時期に行うべきかを考えています。

 体の機能が伸び、活発に動く季節の実りとして運動会を行い、心や言葉、人間のすべての成長を見据えて実りの会を2月に行うことにしています。

 子どもたちは、役になりきり、自分なりに考え工夫し、そして何よりも、これもあれもできる自分を喜びながら、練習に励んでいます。

 インフルエンザが市内では猛威を振るっていますが、実りの会には出させてあげたい・・・そのためにも今は決して無理をさせず、早めに休んだり体を落ち着かせたりする保育を心がけています。

 ご家族の方々と共に、子どもの晴れ舞台をしっかり作り上げていきたいのです。

 

1月27日(月) 本借りの日 実りの会通し練習

  28日(火) 実りの会通し練習

29日(水) 体育教室*来週はお休み  カシオペア・モモの会

30日(木) 実りの会通し練習  日本舞踊教室*来週はお休み

31日(金) 集金明細渡し  避難訓練

 

 

○ ご ○ 紹 ○ 介 ○

東京のあるシュタイナー幼稚園の先生から「堀内先生のこの本を読んで、はじめて、シュタイナー教育がストンと自分のなかに入ってきた」という感想をもらったことがあります。本園副園長である堀内節子著『0歳から7歳までのシュタイナー教育』(学研)は、シュタイナー幼稚園とシュタイナー教育をわかりやすくご紹介した本で、2000年に出版されて以来長年読まれている本です。

そしてあらたに、2013年末にシュタイナー教育の観点から、子育てのヒントを盛り込んだ『「その子らしさ」を豊かに伸ばす おうちでシュタイナー子育て』PHP研究所)が出版されました。子どもとの関わり方、自立した大人になるために幼児期に育てるべきもの、ご家庭でのお子さんとの過ごし方など、子育てのヒントになるお話が具体例を挙げて書かれています。

シュタイナー教育って何がいいの?どういうものなの?という疑問にわかりやすく書かれているのがこの両書だと思います。

また、近々「にじの森の子育て」をまとめた書籍が発刊予定です。お楽しみに!

 

<TOPページへ戻る>